ハッピーマット (Happi-mats )

🄬

 ハッピーマットは、げっ歯類用エンリッチメントとして、マウス/ラット向けに汎用されています。原料は有機栽培された麻の茎の外側繊維で、当グループの英国施設にて製造しております。繊維を温風で乾燥させた後、剥ぎ取り、シート状に加工します。分析レポートも発行しております。

 

 本製品ですが、マウスに対しては巣材として機能し、投入後、マウスは製品を噛んでほぐしながら立体的な構造を作ります。一連の過程の中で、巣作りを通じて自然な行動が促されます。また、出来上がった立体構造により、マウス同士の体が程よく隠れ、闘争回避にもつながり、休息場所を確保することへつながります。材質は吸湿性が低く、乾燥状態を維持できるので清潔に保たれ、繰り返し使用も可能です。繰り返し使用の場合には、残存した体臭により新しいケージへの適応が促進され、また、備品の投入回数が減るため労働時間の削減にもつながります。繁殖時には巣中に仔を産み、ケアを続けることで、離乳率の向上に役立ちます。

 

 ラットに対しては玩具や休息場として機能します。使い方は個体によって様々ですが、噛みながら遊んだり、適度にほぐしてばらまいたり、一か所にまとめたりします。保温効果もありますので快適な環境を維持でき、糞尿の吸収も少なく清潔な状態を維持できます。個別の施設環境や実験目的によってブラケットにて飼育される場合には、休息板として効果を発揮し、足底の状態を健康に保つのを助けます。

 詳細は当社までお問い合わせください。

 ・電話: 029-875-5870

 ・Email: infojp@marshallbio.com

1/4

以下、関連資料になります。

​●英国マーシャル社繁殖施設におけるHappi-mats🄬の評価

●げっ歯類用環境エンリッチメントHappi-mats🄬による行動特性の違い

●麻繊維マットによるラットの足蹠保護効果

​●ハッピーマット特徴