​会社情報

 当社は1939年に創業者ギルマン・マーシャルがフェレットを趣味で小動物の狩猟用として飼育したことから始まりました。その後、フェレットがイヌジステンパーワクチン開発のための重要なモデルであることが分かりました。そこで当社は、ヒトや動物医学の進歩へ向けて、健康で穏やかな最良の動物を通じて貢献することにしました。

 新薬の体内での作用を理解するためには、複数の動物種を活用することが一般的になり、げっ歯類に加えてイヌの重要性が高まりました。1962年、FDAの規制変更に伴い、当社は科学への貢献のため、ビーグルのコロニーを確立しました。信頼性と再現性の高い研究へと貢献するために、当初から動物福祉を最優先に考え歩んできました。様々なパートナーの皆様とともに何十年も、この文化を育み、マーシャルビーグル(Marshall Beagle®)は世界中で高く評価されています。

 

 現在、当社は世界3極に拠点をおきグローバルな企業でありながら、家族経営の良さを変わらず引き継いでいます。小さな町の小さな農場から始まった私たちの挑戦は、いつまでも続いています。

_MG_0449_8x11.jpg
Beagle%20Puppies%20on%20White%20%20Jun%2

1939

​西暦

1962

1988

1994

2008

2009

2014

2015

2002

2017

2018

2019

​マーシャル

ビーグル

​米国

​設立

ゲッチンゲン

​ミニブタ

​米国

B&K Universal社

​買収

​モングレル/

​ハウンド

​米国

APD/SPF

​マーシャル

​ビーグル

​米国

​マーシャル

​中国

​マーシャル

​日本

SPF

フェレット

​英国

SPF

フェレット

​米国

マーシャル

ビーグル

​英国・仏国

Liverty社

​買収

Clinvet社

​提携

​マーシャル

​EU

IMG_5919_edited.jpg
IMG_1666_edited.jpg
ミニブタ3.png
Clinvet0_edited.jpg
F_1836_edited.jpg
F_1476_edited.jpg
Agouti03_edited.jpg
F_1865_edited.jpg
GOPR4847_edited.jpg
IMG_5917-1_edited.jpg

事業内容:

1.ビーグル、フェレット、ミニブタ、サル、ネコ、マウス等の  

  実験用動物の輸入・輸出、繁殖・生産・飼育、再活用及び

  その販売 

2.各種セミナー、会議の企画、制作、運営及び管理

3.出版に関する企画及び制作

4.業務委託

5.上記に附帯する一切の業務