​マーシャルフェレット

  当社は1939年よりフェレットを飼育しています。フェレットは、イヌディステンパーワクチン開発に重要なモデルであることが分かりました。その後、生物医学研究にて、神経科学、心筋梗塞、嚢胞性線維症や嘔吐評価、そして、インフルエンザワクチン開発などの領域にて不可欠な動物モデルとして認識されるようになりました。

 

 当社では特定の病原微生物を保有していない(Specific Pathogen free:SPF)​コロニーを確立しています。コロニーは厳密なバイオセキュリティー基準を有するバリア環境にて維持され、高品質なフェレットとしてグローバルにて評価されています。

 

 当社では定期的にインフルエンザ、コクシジウム、ジアルジアなどの微生物検査を定期的に実施しており、コロニーのモニタリングレポートも確認可能です。以下をご確認下さい。

 

IMG_5919_edited.jpg

​2020年第4半期

 詳細は当社までお問い合わせください。

 ・電話:029-875-5870

 ・E-mail: infojp@marshallbio.com