​A129/AG129マウス

 当社の英国施設では、デング熱やジカ熱等の感染症研究に幅広く用いられるノックアウトマウスを繁殖飼育しております。

 

 当社マウス系統は専用アイソレーター/IVCで管理され、FELASA推奨事項に従ってモニタリングされています。

 

 以下の2系統がございます。

 

IFNα/βR-/- (A129)
 インターフェロンα/βレセプター欠損

 (I型インターフェロン欠損)

 

IFNα/β/γR-/- (AG129)
 インターフェロンα/β/γレセプター欠損

 (I型、II型インターフェロン欠損)

 コロニーのヘルスモニタリングレポートについては以下をご確認ください。

A129 (IFNα / βR-/-)

​2020年第4半期

AG129 (IFNα/β/γR-/-)

​2020年第4半期

1/3

S129 (Wild Type)

​2020年第4半期

 詳細は当社までお問い合わせください。

 ・電話:029-875-5870

 ・E-mail: infojp@marshallbio.com